2016年12月04日

朴大統領退陣求める集会 全国で過去最多の232万人=韓国

******************************************************
聯合ニュース 2016/12/04 09:27
朴大統領退陣求める集会 全国で過去最多の232万人=韓国.

【ソウル聯合ニュース】親友の国政介入事件をめぐる一連の疑惑で韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の退陣を求める大規模集会が3日午後、ソウルをはじめ全国各地で開かれた。退陣を求める週末の抗議集会は6週連続。

12-4  ろうそくを手にして光化門広場で開かれた集会に参加した市民ら AJP20161204000100882_01_iのコピー.jpg
▲ろうそくを手にして光化門広場で開かれた集会に参加した市民ら=3日、ソウル(聯合ニュース).

 朴大統領は先月29日に3回目の談話を発表し、「大統領職の任期短縮を含め、進退問題を国会の決定に委ねる」と表明。参加者たちは朴大統領が自身の進退を国会に押し付けるような態度を示したと強く批判し、「即時退陣」を求めた。

 全国民主労働組合総連盟(民主労総)など約1500の団体でつくる「朴槿恵政権退陣非常国民行動(退陣行動)」の集計によると、全国で開催された集会に延べ232万人(警察集計は約43万人)が参加し、過去最大規模となった。ソウルでは主催者推計で延べ170万人(警察推計は32万人)が参加した。

 ソウル都心の光化門広場で開かれた集会の前には朴大統領の退陣を求める市民らが午後4時から青瓦台(大統領府)を取り囲む形での行進を行った。市民らは青瓦台から約100メートル離れた場所まで行進し、朴大統領の退陣を求めた。

 集会は6週連続で続いているが、規模は大きくなっており、青瓦台と与党の対応が注目される。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2016/12/04/08000000-00AJP20161204000100882.HTML
-------------------------------------------------------------------------------
産経新聞 2016.12.4 15:00
【世界ミニナビ】
激震の韓国、珍島犬の恨みか…平昌五輪トップ「突然交代」の理由.

12-4  珍島犬を抱く韓国の朴槿恵大統領=2013年、ソウル(聯合=共同)  wst1612040005-p1.jpg
▲珍島犬を抱く韓国の朴槿恵大統領=2013年、ソウル(聯合=共同).

 韓国で韓進グループの趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長が、今年5月に平昌冬季五輪の大会組織委員会会長を辞任した理由が改めてクローズアップされている。国政介入事件で起訴された女性実業家の崔順実(チェ・スンシル)被告の息のかかった企業の五輪施設工事への参入に反対し、その後の突然の交代は、政府圧力による更迭といわれている。加えて、五輪の大会マスコットのモデルに朴槿恵(パク・クネ)大統領の望んだとされる珍島犬が採用されなかったため、不興を買ったとの報道も出ているのだ。

実力者に憎まれ.

 「90%は合っている」

 韓国の中央日報(日本語電子版)の社説によると、趙氏は政府の圧力で組織委員会会長から退いたとする報道について、こう述べ、辞任ではなく更迭だったことを事実上認めたという。

 聯合ニュース(同)によると、今年3〜4月ごろに青瓦台(大統領府)教育文化首席室から、文化体育観光部幹部にスイス企業を平昌五輪の施設工事事業者として検討するよう指示があり、組織委に伝えられた。このスイス企業は、崔被告が所有しているとされる企業と業務契約を結んでいたという。ところが趙氏は契約締結は不適切と意見を出し、スイス企業は事業者に選定されなかった。そして5月に組織委の会長が突然交代となった。

 前出の中央日報(同)は社説では、趙氏は崔被告が主導したミル財団に10億ウォン(約1億円)しか出さず、Kスポーツ財団への寄付を拒否したため、政界の実力者に憎まれて解任されたという疑惑が事実として表面化したと指摘した。

犬食文化でマスコットだめ.

 さらに、韓国の京郷新聞は、趙氏は4月、朴氏が大統領府で飼う珍島犬を平昌五輪の大会マスコットにするよう国際オリンピック委員会(IOC)に直談判するためスイスに自家用機で出張したが、拒否されたと報じた。

 そもそも大会マスコットには、1988年ソウル五輪のときの「ホドリ」という虎のマスコットをインスパイアした白虎が採用される方向だったといわれる。そこへ珍島犬好きで有名な朴氏の意向として「大会マスコット変更」が指示されたという。

 趙氏は4月当時、グループの中核会社の韓進海運の経営危機が表面化。債権団側から協議を求められていたが、スイス出張を優先してローザンヌでIOCのバッハ会長を訪ねたという。バッハ氏は犬の話を持ち出すと席を立ったといい、朴氏の望みがかなうことはなかった。

 韓国に犬肉を食べる文化があることを理由にバッハ氏が犬の採用を認めなかったと、趙氏の側近の話として伝えられている。

 そして、五輪とパラリンピックの大会マスコットに白虎の「スホラン」とツキノワグマの「バンダビ」が発表された。

実力者の仕打ち?.

 平昌五輪の大会組織委員会会長の座を追われた趙氏には、さらなる苦難が待ち受けていた。

 経営危機にあった韓進海運への政府の支援が打ち切られて経営破綻。8月に法定管理(日本の会社更生法に相当)を申請したのだ。

 この破綻劇については、中央日報(同)のコラムは「韓進海運の整理過程はおかしかった。韓進海運従業員の間では権力の『見えない手』が作用したという疑惑が相次いだ。事実5月まで市場は韓進海運の再建の可能性を高くみていた」と指摘した。

 趙氏は、韓進海運の債権団側から求められていた協議を後回しにしてまで珍島犬のためにスイスに出張したが、韓進海運への3000億ウォンの政府支援の要請は拒否されたという。そして同社の貨物船が世界中で荷降ろしを拒まれ物流が大混乱する事態に発展したことは記憶に新しい。

 韓進海運への支援の打ち切りは崔被告に憎まれる決断をしたり、朴氏の望みが断たれたりした後の出来事に「報復された」「嫌われた」などの声が飛び交う。崔被告による国政介入事件で韓国での政治の私物化が明らかになっているだけに単なる憶測ではすまされそうにない。

 珍島犬については、かつて崔被告の元夫で大統領の元秘書室長、鄭(チョン)ユンフェ氏にも国政介入疑惑が持ち上がった際に、朴氏が「青瓦台の真の実力者は…珍島犬なのです」とジョークを飛ばしたことがある。

 そのときは場内が爆笑に包まれたといわれるが、趙氏への仕打ちをみると、背筋が寒くなるような気もしてくる。

http://www.sankei.com/west/news/161204/wst1612040005-n1.html
-------------------------------------------------------------------------------
聯合ニュース 2016/12/04 16:48
朴大統領が退陣時期表明要求に沈黙 その背景は?.

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友、崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入疑惑を巡り、与党セヌリ党の非主流派が退陣時期を表明するよう求めたのに対し、朴大統領が沈黙を続けおり、その背景に関心が集まっている。

12-4  朴大統領の退陣を求め、光化門広場で開かれた大規模集会=3日  AJP20161204001100882_01_i.jpg
▲朴大統領の退陣を求め、光化門広場で開かれた大規模集会=3日、ソウル(聯合ニュース).

 セヌリ党内で朴大統領と距離を置く非主流派は、朴大統領が7日午後6時までに退陣時期を表明しない場合、9日の国会本会議で弾劾訴追案の採決に応じる方針を示している。

 しかし、青瓦台(大統領府)は退陣時期について、与野党の合意に委ねるとの立場を繰り返している。

 青瓦台関係者は4日、朴大統領退陣の時期に関連し「与野党が国政の混乱と空白を最小限にとどめ、安定的な政権移譲に向けた方策を講じれば、その日程と法的手続きに基づき退陣するとの立場に変わりはない」と述べた。

 青瓦台が与野党の合意を強調しているのは、朴大統領が来年4月の退陣を正式に表明した場合、野党側が「即刻退陣」を求め対抗し、朴大統領が再び退陣時期を「国会の決定に委ねる」と要請することになる状況を懸念したためとみられる。

 また、7日まで時間が残っており、早々と立場を表明するよりは政界の状況変化の可能性を見守るという狙いもあるようだ。

 野党3党(共に民主党、国民の党、正義党)は3日、朴大統領に対する弾劾訴追案を発議した。可決には在籍議員の3分の2(200人)以上の賛成が必要で、野党3党と無所属議員(172人)に加え、セヌリ党から少なくとも28人以上の賛成票が必要となる。

 セヌリ党の非主流派が採決に応じなければ可決は厳しくなるため、青瓦台は「来年4月末の退陣、6月末の大統領選前倒し実施」というセヌリ党の案に基づき、与野党が合意の下、朴大統領の退陣時期を決めるよう望んでいる。

 しかし、「大統領職の任期短縮を含め、進退問題を国会の決定に委ねる」と表明した朴大統領の3回目の談話発表後に開かれた3日の大規模集会には過去最多の232万人(主催者推計)が参加。青瓦台に対する弾劾の圧力は今後さらに強まると予想される。

 朴大統領がセヌリ党の非主流派や指導部との面談、または4回目の談話発表を通じ退陣時期を表明するのではないかとの見方も出ているが、青瓦台は「何も決まっていない」と曖昧な態度を取っている。

 一方で、朴大統領が7日までに何らかの決断を下す可能性も排除できないとの見方もある。

 青瓦台関係者は「今のところ何も決まっていない。大統領が苦心を重ねているので見守ってみるしかない」と述べた。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2016/12/04/02000000-00AJP20161204001100882.HTML
-------------------------------------------------------------------------------
聯合ニュース 2016/12/04 20:51
韓国与党非主流派 朴氏退陣巡る与野党合意なければ弾劾賛成へ.

【ソウル聯合ニュース】韓国の与党セヌリ党の非主流派でつくる非常時局委員会は4日、国会で会議を開き、朴槿恵(パク・クネ)大統領の早期退陣の日程をめぐり与野党が合意に至らなければ9日の国会本会議で行われる朴大統領の弾劾訴追案の採決で賛成票を投じる方針を決めた。同委員会に所属する黄永哲(ファン・ヨンチョル)議員が伝えた。

12-4  非常時局委員会の会議の様子=4日  AJP20161204001900882_01_i.jpg
▲非常時局委員会の会議の様子=4日、ソウル(聯合ニュース).

 非常時局委は弾劾訴追案の採決前まで与野党が協議を行うよう改めて促した。与野党が合意に至らなかった場合は、退陣時期に対する朴大統領の立場表明に関係なく、9日の採決に無条件で応じることで意見をまとめた。

 弾劾訴追案は野党3党(共に民主党、国民の党、正義党)が3日に発議した。野党側はセヌリ党との協議を拒否している。同案の可決には在籍議員の3分の2(200人)以上が賛成しなければならない。野党3党と無所属議員は計172人で、セヌリ党から少なくとも28人以上の賛成票が必要となるため、朴大統領と距離を置く非主流派が可決の鍵を握る。

 黄議員は「採決では賛成票を投じるという意味か」との報道陣の質問に対し「そうだ」と答えた。各議員が賛成か反対のどちらに票を投じるかは個人の権限だとしながらも「非常時局委は弾劾訴追案が可決されるよう最善を尽くす」と説明した。

 非常時局委の会議には議員29人が出席した。9日の採決で29人全員が合意通りに賛成票を投じ、野党と無所属議員の離脱がなければ弾劾訴追案は可決されることになる。

 黄議員は、退陣問題をめぐる朴大統領と非主流派議員との面談の可能性については「(朴大統領からの)要請がなかった上、要請があるとしても面談は適切ではない」との見方を示した。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2016/12/04/02000000-00AJP20161204001900882.HTML
-------------------------------------------------------------------------------
産経新聞 2016.12.4 18:00
【今週の注目記事】
朴槿恵スキャンダルよそに、中国が“韓流締め出し”…日本の紅白歌合戦は5年連続で韓国勢ゼロ.

12-4  11月29日、国民向け談話を発表する朴槿恵大統領をうつすテレビ  wst1612010068-n1.jpg
▲11月29日、国民向け談話を発表する朴槿恵大統領をうつすテレビが並ぶソウルの家電量販店。一方で、“韓流締め出し”の動きが中国で進行している(ロイター).

 韓流スターの中国での活動を規制する「限韓令(韓流禁止令)」が本格化することへの懸念が韓国で高まっている。朴槿恵(パク・クネ)大統領が、友人で女性実業家の崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件に関連し条件付きで早期辞任を表明したことに関心が集まる一方、経済面で中国に依存する韓国にとっては“韓流締め出し”のダメージも大きい。今回の中国の対応は高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備が要因とみられるが、そもそも日本では、大みそか恒例のNHK紅白歌合戦に韓国勢は5年連続で選ばれていない。理由はどうあれ、東アジアで韓流は締め出されつつあるようだ。

中国当局者が明かした「5つの理由」.

 韓国紙、東亜日報(日本語電子版)に11月22日に掲載されたコラムによれば、中国で韓流スターが登場するドラマや広告、映画の放送を禁止する「限韓令」が本格化する模様だという。7月にTHAAD配備決定の発表後、北京で行われる予定だった人気ドラマ「むやみに切なく」の主人公キム・ウビンとスジのサイン会が突然中止される第1次禁止令があった。今回は、「韓日軍事情報保護協定」仮署名を機に、中国当局が韓流を全面的に遮断するだろうとの憶測が出ているようだ。

 また、韓国紙、朝鮮日報(日本語電子版)によると、THAAD配備に反対する中国が韓国への報復措置として韓流スターの中国での活動を規制しているとの報道に関連し、韓流コンテンツの規制を主導しているとされる中国国家新聞出版広電総局の当局者が、これを事実上認める文章を今年8月に中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」に書き込んでいたことも分かった。

“韓流締め出し”理由は5つ…そして「巨人」の本音.

 そしてこの当局者によれば、“韓流締め出し”には5つの理由があるという。

 列挙すると、〔1〕民族文化産業を保護し、産業の健全な発展を促進するため〔2〕中国の芸能人の国民的影響力と訴える力を拡大するため〔3〕男性が過度にソフトに表現される非正常的な現象に歯止めをかけるため〔4〕華流が韓流に代わって中華文化圏を主導できるようにするため〔5〕無分別な行為に対して警告するため−である。

 中国側の本音は、〔4〕と〔5〕にあると思えてならない。まさに「中華思想」そのもので、中国が宇宙の中心であり、その文化・思想が神聖なものであると自負する考え方を押しつけているかのようだ。

中国は「心の狭い巨人」か.

 現在、韓国では朴大統領のスキャンダルをめぐる報道が激しい。それでも韓国紙がこぞって中国での韓流の締め出しを取り上げる背景には、両国の経済関係が冷え込むことへの懸念があると思われる。

 東亜日報の11月22日の報道では、「中国市場が占める比率が大きいエンターテインメントや化粧品関連株は昨日、軒並み下落するなど直撃を受けた」という。さらに同紙は、中国製スマートフォンの広告で、韓国の人気俳優の宋仲基(ソン・ジュンギ)が降ろされたという一部の報道にも過敏に反応している。

韓流ブーム、ずばり「終焉」…出演どころかニュース載らず、そして.

 同紙はコラムの中で「大衆文化の交流は、両国が相互に影響をやり取りする道だ。限韓令は、韓国だけに打撃を与えない。多様な文化接触のチャンス拡大や文化産業の競争力強化など、前向きな効果を遮断するということでも、中国にも役に立たない政策だ。世界第2位の経済規模を誇る国として、『心の狭い巨人』ではなく、大国にふさわしく行動してほしい」と切々と訴えている。

東アジアでの韓流ブームは終焉か.

 こうした韓国側の言い分もまた正論ではある。必要以上に中華思想を振りかざすことは、経済大国・中国にとって大人げない。

 ただ、K−POPに代表される韓流の足下も決して盤石ではない。今年、67回目を迎える大みそか恒例の「NHK紅白歌合戦」に5年連続で韓国勢は選ばれなかった。韓流が前年の3組からゼロになった平成24年こそ、国内外のメディアでちょっとした騒ぎになったが、今年はニュースにさえならない。日本国内での韓流ブームの終焉(しゅうえん)を物語っている。

 日本の一部の音楽関係者は、K−POPについて、メロディーや歌詞などの音楽的要素を低め、ダンスやコスチュームなどで極端な複合エンターテインメント化を徹底させたと指摘。さらに「韓流」という日本にこれまでなかった新鮮かつ特殊なコンテンツが飽きられたという声もある。

 中国側の“韓流締め出し”は、THAAD配備への対抗措置の意味合いもあるのだろうが、日本同様「飽きた」のかもしれない。ならば、中国側の言い分にも一理あり、東アジアでの韓流ブームは終焉を迎えるかもしれない。(12月1日掲載)

http://www.sankei.com/west/news/161204/wst1612040012-n2.html
-------------------------------------------------------------------------------
産経新聞 2016.12.4 20:57
【激震・朴政権】
朴槿恵大統領弾劾、濃厚に 与党・非朴派「与野党合意なければ賛成」.

12-4  韓国・ソウルの退陣要求集会に登場した朴槿恵大統領の人形=3日  wor1612040039-p1.jpg
▲韓国・ソウルの退陣要求集会に登場した朴槿恵大統領の人形。財閥のロゴマークと共に縛られていた=3日(共同).

12-4  3日、ソウル中心部で開かれた韓国の朴槿恵大統領の退陣を求める集会  wor1612040039-p2.jpg
▲3日、ソウル中心部で開かれた韓国の朴槿恵大統領の退陣を求める集会(共同).

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の退陣問題をめぐり、与党「セヌリ党」内で朴氏と距離を置く非朴派議員らは4日、退陣時期で与野党が合意しない限り、9日に予定される弾劾訴追案の採決で賛成票を投じると表明した。野党は与党との協議を拒否しており、このままの情勢でいけば、弾劾案が可決される可能性が高まった。

 来年4月末までの退陣を求めるとした与党の方針に合わせ、非朴派は、朴氏に対し、7日夕までに退陣時期を明言するよう求めていた。しかし、非朴派の29議員が出席した4日の会合で、朴氏の退陣時期の表明の有無にかかわらず、弾劾に参加する方針で一致したという。非朴派議員が記者会見で明らかにした。

 朴氏の早期退陣を求め、ソウルで主催者側が170万人、警察も32万人が参加したと推計し最大規模となった3日のデモの状況を見て弾劾に傾いた可能性がある。それまで、朴氏が退陣時期を明言すれば、非朴派の多数は弾劾に賛同しないとみられていた。

 野党3党は9日の弾劾採決方針を決め、3日に弾劾訴追案を国会に提出した。しかし、3分の2以上の議員の賛成で可決されるため、与党側からも28人以上の「造反」が必要で、キャスチングボートを握る非朴派の動向に注目が集まっていた。

 非朴派はまた、朴氏側から接触を求められたことはなく、「要請されても面会は適切でない」と朴氏との協議を否定した。

http://www.sankei.com/world/news/161204/wor1612040039-n1.html
-------------------------------------------------------------------------------
産経新聞 2016.12.4 22:25
【激震・朴政権】
怒れる「民心」におびえる韓国政界 野党代表にも抗議メール攻勢…冷静な議論封じ込め.

12-4  韓国国会で会合を行う、与党セヌリ党の非主流派議員=4日  2016120401001721.jpg
▲韓国国会で会合を行う、与党セヌリ党の非主流派議員=4日、ソウル(聯合=共同).

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の退陣問題をめぐり、野党側は与党との協議を拒み続けている。最大規模となった3日のデモが示した「民心」は、弾劾による退陣だけを求めているとみるためだ。激しい抗議の矛先は野党側にも向かい始め、国政の混乱から抜け出すための冷静な議論さえ封じ込めつつあるようだ。

 「100回でも反省と謝罪をし、国民に許しをこう」。与党「セヌリ党」は4日、ソウルで主催者側が170万人、警察が32万人が参加したと推計する3日の大規模集会を受け、こう謝罪するコメントを出した。

 ソウルのセヌリ党本部にもデモ隊が押し寄せ、卵などが投げ付けられた。与党議員の地方事務所に抗議に押しかけた参加者もいた。

 過激な抗議行動はインターネットでも展開され、大統領府のウェブサイトが3日夜、一時接続しづらくなった。集会の主催団体がアクセスを集中させるサイバー攻撃を呼びかけた影響とみられ、大統領府は「攻撃は法律違反になる」との警告文を掲載した。

 攻撃にさらされたのは与党や大統領府だけではない。3日の集会に参加した第2野党「国民の党」幹部らには「なぜ来た!」といった非難がぶつけられた。

 野党3党が当初目指した2日の弾劾採決に対し、国民の党の朴智元(パク・チウォン)非常対策委員長は、与党内で朴氏と距離を置く非朴派が賛成しないとして9日の採決を要請。これに対し、「なぜ弾劾をためらうのか」といった批判が殺到し、朴委員長は謝罪に追い込まれた。

 聯合ニュースによると、朴委員長の携帯電話にも約2万件に上る抗議メールが送られ、電話番号の変更を余儀なくされたという。

 弾劾訴追案の9日採決を前に、最大野党「共に民主党」が3日朝までの弾劾案の国会提出にこだわったのも、3日夜のデモに間に合わせなければ、バッシングに遭うことを懸念したためだと指摘されている。

 そのために、与党非朴派が弾劾案に賛成するという確信がないまま、採決に突き進む結果となった。

 共に民主党の奇東旻(キ・ドンミン)報道官は「弾劾案を可決できなければ、大統領とともに退場させられるのは、与党も野党も同じだ」と記者団に危機感を吐露した。

 議員らへの個人攻撃が続く状況について、朴氏の早期退陣を求める国民の動きに「逆効果になる」と指摘する声も上がっている。

http://www.sankei.com/world/news/161204/wor1612040043-n1.html
-------------------------------------------------------------------------------
朴槿恵政権が仕掛けた「産経・加藤」つぶしの“心理戦”.
-------------------------------------------------------------------------------
産経新聞 2016.12.4 08:01
【加藤達也の虎穴に入らずんば】
秘書官メモ「懲らしめてやる」 韓国政権が仕掛けた「産経・加藤」つぶしの“心理戦”.

12-4  韓国の朴槿恵大統領  img_df5377c6cb10979e23e4f9b7e3a1fadb108089.jpg
▲韓国の朴槿恵大統領(聯合=共同).

 朴槿恵(パク・クネ)政権は、産経新聞と筆者に何をしたかったのだろうか。考え込んでしまった。

 韓国で2日、大統領府(青瓦台)の金英漢(キム・ヨンハン)民情首席秘書官(当時)が在職中に記録したメモとされるものが公開された。相当な分量があるが、このうち“大統領名誉毀損(きそん)問題”が本格化した2014(平成26)年8月7日から10月6日までの内容には、産経新聞とソウル支局長だった筆者へのあからさまな敵意が表れている。

 産経を「懲らしめてやる」と決意を示し「警察、国家情報院をチーム構成するように」と記載。韓国警察には情報機関である国家情報院の指揮下に入って特定の対象者を監視するチームがある。

 当時、青瓦台は「産経・加藤」を懲らしめるのと同時に謝罪とコラムの取り消し、削除を要求し、圧力を強めていた。「チーム構成」の記載と、嫌がらせや圧力が強化された時期は一致している。

 大統領府の報道官が非難声明を出し、韓国メディアが同調してここぞとばかりにたたく。韓国の右翼団体が筆者を告発したかと思えば検察は出国を禁じた上、出頭せよという。

 メモは金秘書官自身の検討内容なのか、朴槿恵大統領ら上司からの指示なのか判然としないところも多い。ただし全体としては政権の意思がはっきりと伝わってくる。国家権力を総動員して産経・加藤をたたきつぶす−。何より、メモを見ながらあの夏のできごとを振り返ると、おおむね平仄(ひょうそく)が合うのである。
               
×  ×  ×

 韓国政府が筆者を「法的責任を徹底的に追及する」と公言したころ、事態対処で本社から派遣された上司が、こんな体験をした。

 上司は仕事の関係者とソウルのロッテホテルで会った後、支局が入るビルまでタクシーに乗った。敷地内には複数のタクシーが待機していた。ホテルの配車係の案内に従ってそのうちの1台に乗り、後部座席に座った瞬間、運転手がいきなり日本語で「産経新聞悪いね。支局長も悪いよ」と口を開いた。

 上司の面会相手が目的地としてソウル支局が入る建物を伝えてはいたが、運転手は乗客が産経新聞の関係者だと知りようもない。偶然にしてはでき過ぎで上司は寒けを感じたが、弱みを見せられないと気を取り直し、ルームミラー越しに運転手をにらみ返した。

 翌日の8月15日。打ち合わせを終えた上司が夜、ロッテとは別のホテルの自室に戻った。カードキーでドアを開けて室内に入ったところ、ドアが枠に引っかかって閉まらない。確かめると、内側のツマミに連動して動く金属製ロック部分のツメが破壊され、ドアの中に引っ込まないようになっていた。

 筆者は当時、たまりかねた上司がその場からかけてきた電話を受けた。その時はっきりと、韓国の政権が「産経・加藤」を潰すための「心理戦」を仕掛けてきているのだと理解した。
               
×  ×  ×

 8月20日の2回目の事情聴取の後、心理戦を仕掛けられた上司と同僚、支局のメンバーらで在韓日本大使館を訪問した。対応してくれた幹部は冒頭こう切り出した。

 「シビアな状況になっています。ここ(韓国)では、重要な情報伝達に電話、ファクス、メールなど、一般の通信手段はお使いにならないほうがよいかもしれません。本館でも相当に気をつけています」

 われわれは既にそうした話には耐性ができていたが、それでも真顔になった。大使館を辞去し、外に出て歩き始めると同時に、歩調を合わせながら動き出した男たちが目に入ったのを覚えている。(毎月第1日曜日に掲載します)

http://www.sankei.com/premium/news/161204/prm1612040030-n1.html
-------------------------------------------------------------------------------
<関聯記事>
産経新聞 2016.10.2 01:00
【加藤達也の虎穴に入らずんば】
今度はロッテ創業者を狙い撃ち 韓国検察はいつまでメディア&大衆の「反日」扇動に乗るつもりなのか?.

12-4  ロッテグループの重光昭夫会長  wor1609290028-p1.jpg
▲ソウル中央地裁が逮捕状の請求を棄却し、報道陣に囲まれ待機していた検察庁舎を後にするロッテグループの重光昭夫会長=29日、ソウル(共同).

 日本でロッテといえば“お口の恋人”。このキャッチコピーで製菓業のイメージが定着しているが、韓国ではだいぶ違う。

 若い人ならまず百貨店や大型スーパー、そしてホテルなどの大型リゾートを連想し、中高年は製菓や食品業を思い浮かべる。一方、最近では世界有数の化学製品メーカーで、ゼネコンやマンションデベロッパーのイメージも強い。いずれにしても韓国では五指に数えられる総合企業群(財閥)を形成している。

 知られるようにロッテは在日韓国人の重光武雄(韓国名・辛格浩)氏が日本で創業し、日韓の国交が正常化された2年後の1967(昭和42)年に韓国に進出。日本でガムやチョコレートを作って売って、成した財を韓国に投資して発展。経済にも多大な貢献があったに違いない。

 だがその創業家一族が最近、韓国で脱税・背任などの罪で在宅起訴されてしまった。裁判所に令状発布を拒まれたが、韓国検察はグループ会長を務める武雄氏の次男の逮捕にこだわるなど、盛り上がっている。

 脱税などの真偽は裁判に任せるとして、検察が勢いづく背景には《ロッテは日本企業か韓国企業か!》と企業のアイデンティティーや国家への忠誠心の絵踏みをさせて留飲を下げる韓国メディアの扇動と、それに丸乗りして正義の味方をかたる検察といういつもの構図がある。

 重光氏の内縁の女性=韓国籍=も約300億ウォン(約27億円)の贈与税を納めなかった罪で在宅起訴された。韓国の報道では、女性は日本におり検察は旅券を取り消したとされる。事実だとすれば違法滞在状態で、仮にこのまま帰国を拒み続ければ検察は日本側に女性の身柄の拘束と送還を求めることもあり得る。
 
×  ×  ×

 実は韓国検察は、靖国神社爆発音事件にからみ警視庁公安部が刑事共助条約によって要請した犯人に関する事実関係照会を理由も言わずに無視するなどの非礼ぶりで日本の法務省や警察の間で評判が悪い。

 筆者はそんな韓国検察とは浅からぬ縁があるが、印象深い記憶がある。

 2014(平成26)年8月18日、朴槿恵大統領の名誉を毀損したとして検察に呼び出された。調べに先だって担当検事室がある4階のトイレに入ろうとしたときのことだ。薄暗い給湯室脇の鉄扉に「賄賂NO! 不公平NO! (ソウル中央地検)金融調査3部」と書かれたハングルの張り紙を見つけた。

 人の犯罪を追及しようとする国家機関が「賄賂をもらって不公平な捜査をするのをやめましょう」と自ら呼びかける…。程度の低さに驚き、それまで体中に充満していた不安と緊張のガスがすっと抜け、代わりに安堵感に包まれたものだ。

×  ×  ×

 韓国で検察は政局を揺るがすほどの強力な権力機関だが、他に厳しく自に甘いの典型で、検事の犯罪・不祥事が異常に多い。

 韓国メディアによると11年から15年までに不祥事で処分を受けた検事は46人。処分対象行為は収賄から飲酒運転、職務怠慢まで多様で、5千万円の収賄や捜査情報漏洩で懲役刑などを受ける検事長がいると思えば、弁護士からベンツをもらい「ベンツ検事」と有名になった女検事らもいる。日本でならば「犯罪の総合商社」と揶揄されるだろう。

 そんな韓国でロッテ問題はさしずめ、ロッテという総合企業群を「犯罪の総合企業群」である検察が追及する図で、韓国の友人は「検察に正義を見いだせず、ロッテにも企業倫理を見いだせない」と嘆く。だがこれも権力が本格的にレームダック(死に体)化する政権末期に検察が活発になる韓国では繰り返されてきた日常的な光景である。(社会部編集委員・加藤達也)

http://www.sankei.com/premium/news/161002/prm1610020035-n1.html
-------------------------------------------------------------------------------
産経新聞 2016.12.4 11:40
【新聞に喝!】
「シナ」より「中国」の方が問題だ マスコミの差別語が中国の不当な支配に協力している 元東京大学史料編纂所教授・酒井信彦.

12-4  「シナ」より「中国」の方が問題だ  151202-1-001のコピー.jpg

 10月18日に開かれた新聞大会(同19日付で産経、朝日、毎日、読売、東京、日経など各紙が報道)の決議文の冒頭には、「新聞は公正な報道と責任ある論評を通じ、自由で平和な社会の実現に努力しており、その役割はますます重要になっている」との一節がある。私は大きな違和感を持った。本当にそうなのか。

 新聞はかつて大臣の「失言」を告発して、1990年代には歴史問題で何人もの大臣をクビにしてきた。つまり新聞自身が巨大な権力であって、社会に大きな影響を与える力を持っており、その被害は現在に及んでいる。

 ところで最近の失言問題としては、沖縄県東村高江の米軍ヘリパッド建設工事の警備で、機動隊員が工事反対派に発言した「土人」「シナ人」がある。「土人」については本紙でも問題ないとの意見が出されているので、私は「シナ人」の方に注目したい。

 そもそも「シナ」自体が差別的な言葉とされ、使用禁止用語となっている。つまり「シナ」ではなく「中国」、「シナ人」は「中国人」、「シナ語」は「中国語」と言わねばならないとされる。

 ところがどうだろう。「東シナ海」「南シナ海」という表現は、中国の海洋進出に関係して毎日のようにおびただしく新聞に登場している。また、「インドシナ」という言葉も堂々と通用している。

 忌まわしい差別用語が地理的名称になった途端に、差別用語ではなくなるのか。論理的にあるわけがない。マスコミが「シナ」を無理に差別用語に認定していることの方が、根本的に間違っているのである。これは報道のモラルの著しい堕落である、と言わなければならない。

 差別用語と言えば、「シナ」より「中国」の方がはるかに問題だと私は考える。日本では「中華人民共和国」を「中国」、「シナ人」を「中国人」という。しかし典型的な多民族国家の中国には、シナ人以外の人々が多数存在する。日本で使う呼称は、非シナ人の存在をまったく無視したものになってしまう。

 中国では、何百万人もいる民族集団を「少数民族」と言い、「〜族」と民族より下位の部族のように表現する。理由は、すべての民族は「中華民族」として統一されているとし、個々の民族の独立を許さないためだ。極めて政治的かつ差別的な呼称なのだ。

 日本のマスコミは、中国が日本と同じく漢字を使っているからと言って、「少数民族」「チベット族」「ウイグル族」といった明確な差別用語を無批判にそのまま流用している。本当は「チベット人」「ウイグル人」というべきである。日本のマスコミは中国政府の側に立って不当な支配に協力しているのだ。

【プロフィル】酒井信彦
 さかい・のぶひこ 昭和18年、川崎市生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。東京大学史料編纂所で『大日本史料』の編纂に従事。.

http://www.sankei.com/column/news/161204/clm1612040006-n1.html
-------------------------------------------------------------------------------
産経新聞 2016.12.4 11:40
韓国アシアナ機の副機長2人が機内で乱闘、1時間遅れて出発 仁川国際空港.

 韓国SBSテレビなどは4日までに、仁川国際空港から米ニューヨークに向け離陸する前のアシアナ航空機内で2日午前、副機長2人が乱闘となり、出発が約1時間遅れていたと伝えた。乗客は搭乗する前だった。

 現場には警察が駆け付け、1人は病院に搬送。アシアナは、もう1人は精神状態が安定しているとしてそのまま業務に当たらせたという。乱闘の原因は分かっていない。

 聯合ニュースによるとアシアナ関係者は「事実関係を確認し処分を検討する。結果が出るまで、当事者はフライトから外す」としている。(共同)

http://www.sankei.com/world/news/161204/wor1612040017-n1.html


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【関連する記事】
posted by 大阪のこころさん at 22:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。