2014年03月03日

米国の認識とは 占領意識から進化していない?

米国は中韓の歴史認識を「鵜呑み」にするほど、米国の認識とは、占領意識から進化していないのか? .

米紙またまた安倍首相批判 「日米関係に深刻な脅威」 NYタイムズ .
2014.3.3 14:58 [米国]

☆NYタイムズ r-NEW-YORK-TIMES-large570.jpg

 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は2日、安倍晋三首相の姿勢を「ナショナリズム(国家主義)」と指摘し、日米関係の「ますます深刻な脅威になっている」と批判する社説を掲載した。同紙の社説は、これまで数回にわたり、安倍氏の「国家主義」が危険だと訴えている。

 2日の社説は歴史問題に対する安倍首相の姿勢が日本周辺の「地域に対する危険な挑発」になっているとした。米国は日米安保条約に基づき日本を守ろうとしている一方、日中の紛争に引き込まれることは望んでおらず、安倍氏が米国の利益を忘れているとした。 .

 安倍首相が第2次大戦の「歴史をごまかそうとしている」と批判。さらに「彼(安倍首相)と他の国家主義者たちは、いまだに南京大虐殺は全く起きなかったと主張している」との見解を示した。 .

 従軍慰安婦問題をめぐる河野洋平官房長官談話の検証問題にも触れ、慰安婦への「謝罪を撤回する可能性」を指摘した。
(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140303/amr14030314590003-n1.htm
-------------------------------------------------------------------
反日ニューヨークタイムズの背後に朝日がいた! .

ニューヨークタイムズ(NYT)は地元で人気のある新聞で、内容にも定評がある。但し、こと日本に関する記事だけは呆れるほど無茶苦茶だ。リベラルと呼ぶ生易しいレベルではなくて、嘘と捏造で固めた狂気の反日プロパガンダばかり。主張は支那や南北朝鮮の政治宣伝に近くて、どこか朝日新聞の匂いがする。それもその筈、日本関係の記事は、同紙が東京支社を置く朝日新聞社がニュースソースと云う。

朝日が特亜寄りの反日記事をど〜んと掲載し、同じ趣旨の記事をNYTに書かせ、ソレをまた朝日がアメリカ発のニュースだと報じて、日本批判を増幅する。幾度も幾度も使い古された手だが、朝日はこんな遣り方で善良な日本国民をいつまで騙すつもりなのか。また、どこまで反日プロパガンダを拡散したいのか。気違い沙汰と云う他はない。

☆ニューヨークタイムズ(NYT) 2039541.jpg

NYTが3日付の社説で安倍総理を酷評したそうだが、今回も朝日が裏で糸を引いていると見て間違いないだろう。唐突にアメリカで安倍批判が登場すること自体がおかしい。なぜなら多くの米メディアは、無能な民主党政権崩壊と、日米同盟強化をうたう安倍政権誕生を一様に歓迎しているからだ。日本の円安誘導を若干不安視する記事を見かけた記憶はあるが、ソレ以外の否定的な報道は皆無だ。むしろ安倍総理に対する好意的な記事が圧倒的だ。

アメリカでも、韓国人団体が慰安婦の碑を建てるなど不穏な動きがあるが、あくまでも韓国系が多く住む特殊な地域で発生する奇妙な珍現象に過ぎない。殆どのアメリカ人にとって、特亜や朝日の主張する「河野談話」の正当性や、ホントか嘘か分らぬ旧日本軍の性犯罪なんて、無意味で関心のない話題だ。今、アメリカが対日批判に走る理由はまったく見当たらない。

大東亜の戦いで敵味方となった歴史はあるにせよ、日米は幕末以来の友好国だ。そして互いに重要な経済パートナーであり、運命を共にする軍事同盟国だ。アメリカの対日批判と云う記事を見かけたら、誰が報じているかチェックして欲しい。たいてい、朝日か毎日かその他、日米離反工作に熱心な左巻きメディアの類いだ。彼らとその背後に潜む特亜勢力は、強固な日米関係を忌み嫌っている。

愛国画報 from LA ロサンゼルスより愛国心を込めて。大日本帝国万歳。
http://yohkan.iza.ne.jp/blog/entry/2970414/

                       ◇

NYTは「嘘と捏造」で固めた狂気の反日プロパガンダ、中韓の政治宣伝 .

☆NYタイムズに全面広告 m20120530000300882_1.jpg
▲慰安婦碑撤去要請に抗議 NYタイムズに全面広告 .

☆NYタイムズに全面広告 ny_times.jpg
▲NYタイムズの“従軍”慰安婦に関する全面広告 .
-------------------------------------------------------------------

米国の認識とは 占領意識から進化していない? .
米国の議会調査局が変な報告書を発表した。 .

安倍首相の歴史観に懸念 米議会報告書「米の認識と衝突する危険性」 .
2014.2.26 13:13 [日米関係]

☆米議会報告書 000022165.jpg

 米議会調査局は日米関係に関する報告書を公表し「安倍晋三首相の歴史観は第2次大戦に関する米国人の認識とぶつかる危険性がある」として、靖国神社参拝に踏み切った首相の歴史認識や周辺国との摩擦に懸念を示した。報告書は靖国参拝に米政府が失望を表す声明を出したことは「異例だった」と指摘。「首相が米国の忠告を無視し靖国を突然訪問したことは両政府の信頼関係を一定程度損ねた可能性がある」とした。

 日米同盟強化に向けた首相の取り組みを評価する一方で「歴史に絡む憎悪を再燃させることで、地域の安全保障環境を動揺させかねない」として「首相は日米同盟に肯定、否定の両面をもたらしたと多くの米識者はみている」と記した。

 首相や閣僚が歴史に関する発言や行動を重ねるのは、首相が強固な政治基盤を持っていることに起因しているとの見方も示した。また旧日本軍の従軍慰安婦問題が韓国系団体の運動によって「米国内でも認知されてきた」と指摘、安倍政権の対応が注目される問題の一つに挙げた。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140226/amr14022613140009-n1.htm

:::::pien80a.gif  orchid-Qさんの日記から .

 安倍首相の靖国参拝に「失望した」と言ったのは異例だったというのは、日本国民の心根に関わることに口を出したのはまずかったというのかと思ったら、「忠告」を聞かなかずに参拝したことを異例と捉えているらしい。

「第2次大戦に関わる米国人の認識」とは、東京裁判で自身の正当化を形作り未だに占領政策を続けているが如きものと言っているようであり、それなら沖縄で女学生をレイプする輩が出るのも無理からぬことと思わざるを得ない。同盟国でも何でもない、ただの支配者面したヤンキーに過ぎないことを表しただけのことである。

米国は衰退の道を転がっており、世界の警察官はおろかリーダーとしての能力も矜持もないことがバレてきている。日本と韓国が喧嘩しても収める力がないから、頼むからイザコザを起こさないでくれ、そのためには紳士的な日本はこれまでどおり我慢して刺激するようなことはしないでくれ、というのがアメリカの本音であろう。それが参拝はするは、TPP交渉では正面から逆らってくるはで、アメリカ的にイラついてきたというところであろうか。

「俺達は戦勝国だ」と各地で触れて回っている習近平と、足並みを揃えたような言い振りは極めて危険である。朝鮮戦争の引き金を引かせたアチソン国務長官の発言(アメリカが責任を持つ防衛ラインは、フィリピン - 沖縄 - 日本 - アリューシャン列島までである。それ以外の地域は責任を持たない)と同じように、日米同盟が機能しないと習近平に思わせる事態になれば、中共は軍事力の使用を躊躇しないであろう。しかし、それは米国の国益をも損なうものでありながら、最近の一連の米国から発せられる言葉にはそれへの警戒が見られない。オバマのお粗末さの現れであろう。

しかし、日本としてもこれまでの「なさざるの罪」が集約したものでもあり、特に慰安婦問題については速やかに村山・河野両談話を否定することが肝要と考えます。一時的には韓国がヒステリー状態になり、米国から更なる批難を浴びるかも知れませんが、これをやらないことには戦いになりません。戦後を終わらせる初めの一歩が必要です。
.

http://sns.mynippon.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=550150
-------------------------------------------------------------------
これを知れば、世界観が分かる目からウロコの国難の正体 .

1/2【馬渕睦夫】グローバリズムの罠 国難の正体
前半
.
http://www.youtube.com/watch?v=64Sclci4EVg




2/2【馬渕睦夫】グローバリズムの罠 国難の正体
後半
.
http://www.youtube.com/watch?v=d9BwAEI82Fw


-------------------------------------------------------------------

「日本は対中姿勢変更を」米紙NYタイムズ 「米中対立、得るものない」 .
2014.1.31 12:00 [日米関係]

 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は30日の社説で、安倍晋三首相に対し、対中政策で米国と歩調を合わせるよう求めた。沖縄県・尖閣諸島や靖国神社参拝などをめぐる日中の対立に関し、米政府は中国と対立しても「得るものはほとんどない」との立場だとし、安倍氏に実質的に対中姿勢の変更を促した。 .

 同紙は安倍氏のインド訪問を取り上げ、インドも日本も中国との間に領土をめぐる争いがあることが共通していると紹介。インドは昨年、中国と「国境問題に関する自制」に合意したが、日本は中国との領土をめぐる問題が激化しており、首脳会談を開催できずにいると指摘した。

 安倍氏がインドを、台頭する中国への強力な対抗力とみているとも指摘。しかし、インドは日中間の係争に関わらないとし「安倍氏はそのことを理解すべきだ」と主張した。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140131/amr14013112020009-n1.htm
-------------------------------------------------------------------

靖国参拝「中国利するだけ」 慰安婦「日本の評価傷つけている」 米の知日派重鎮アーミテージ氏 .
2014.2.28 09:18 [「慰安婦」問題]

☆アミテ−ジ d6f366c0bd61c3d24bc1a1d31a18697d.jpg

 知日派の重鎮アーミテージ元米国務副長官は27日、安倍晋三首相の靖国神社参拝について中国が外交的に利用できるとの観点から「反対だ」と述べた。参拝自体は日本の指導者が国全体の利益を踏まえて判断すべきだとして、日本国内の問題だとの認識も示した。 .

 ワシントンでの会合で述べた。慰安婦問題に関しては、現代の日本の人権保障や日本国民に対する高い国際評価を傷つけていると指摘。「安倍政権は21世紀の模範となるように日本を世界の舞台に押し上げてほしい」と求めた。

 アーミテージ氏は安倍政権が戦後の国際秩序に挑戦していると中国が批判していることを踏まえ、安倍氏の参拝を中国は「喜んだはずだ」と強調。仮にA級戦犯が分祀されても中国は参拝を問題視し続けるとの見方を示した。一方で、大半の国が戦没者を追悼しているとして、靖国参拝自体には「満足でも、不満でもない」と述べた。

 安倍氏の参拝に関する米国の声明が日本語で「失望した」と在日米国大使館で翻訳されたのは不適切だったと指摘した。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140228/amr14022809200002-n1.htm
-------------------------------------------------------------------
靖国神社参拝を批判する前に、先ず私たちは日本人であることを自覚すべし .

私の父も激戦地ニューギニアで戦死した。英霊たちは戦友と死んだら「靖国で会おう」が愛言葉だったらしい。
その靖国神社に日本国の最高責任者が参拝をするのは当たり前のこと。日本国のために死を覚悟で戦った英霊に対して天皇陛下が参拝するのが当たり前と言えば当たり前ですが、世界平和を願う天皇のお立場では適わないことであると理解は出来ますが、日本国首相ならびに各大臣は参拝してしかるべき。参拝する気のない大臣は選ぶべきではないと思う。
中韓はA級戦犯が合祀されているからと言うが、それは言いがかりと言うもの。日本が配慮すればするほど、何れ中韓は靖国神社の存在すら否定するだろうし、「天皇」制度そのものも認めなくなるだろう。
もしも、中国に属国化されたら、靖国・天皇は真っ先に排除されるだろう。
中間に対する過度の配慮や譲歩は絶対に禁物である。


群青〜日本の防人...神風特攻隊を知っていますか?〜 .
http://www.youtube.com/watch?v=QAbC0flGsXk



アップロード日: 2011/09/01
国の為、愛する家族の為、そして恋人や友人達が一日でも長生きしてくれるように学生達-はペンを銃や剣に持ち替えて...学生服を軍服に着替えて戦場に散りました。その絶望-的な戦いは、生還を期す事を全く念頭にしない必殺必中の肉弾攻撃...神風特別攻撃で-す。特攻は航空機だけでなく水上艦艇による水上特攻、人間魚雷・回天や特攻艇・震洋な-どによる水中特攻など様々な形で行われました。我々、戦後の平和を謳歌して生きる日本-人は...この苦しい国難の時代に全てを投げ出して防人となり犠牲になった先人同胞の-犠牲を決して忘れることなく後世に伝えていかねばなりません


.世界が語る神風特別攻撃隊―カミカゼはなぜ世界で尊敬されるのか .
http://www.youtube.com/watch?v=buELxe1Wwa4





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【関連する記事】
posted by 大阪のこころさん at 18:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: