2013年12月11日

米国内での慰安婦像設置は「反日運動」

韓国の醜い歴史を知らない米国社会で、民主主義を悪意を以て利用し、米国を戦の場にする韓国 .

「噂は×」米グレンデール市がHP修正 慰安婦像の維持費負担で .
産経新聞 2013.12.8 07:52 (1/2ページ)[米国]

▲▲amr13111710480001-n1.jpg

  東大阪市の抗議で「姉妹都市負担」を修正するも分かりにくい .

 【ロサンゼルス=中村将】今年7月、「慰安婦」像が設置された米カリフォルニア州グレンデール市のホームページ(HP)に、姉妹都市の一つである大阪府東大阪市が、像の維持費を負担することに同意したかのような表現があり、東大阪市が抗議していた問題で、グレンデール市はHPの表現を修正したことが6日、分かった。ただ、修正した箇所は極めて見つけにくく、慰安婦像設置を推進した韓国側に配慮した様子がうかがえる。

 グレンデール市は、東大阪市のほかに韓国・固城(コソン)郡や金浦(キンポ)市、アルメニアやメキシコの都市などと姉妹都市提携しているが、慰安婦像設置以降、HPに「像の維持費は姉妹都市などが負担する」という意味の文章を掲載。東大阪市は一切同意していないとして、抗議していた。11月15日にグレンデール市を訪れた東大阪市の樽本丞史(たるもと・じょうじ)市議(45)も像設置を推進したグレンデール市議らに直接、修正を求めた。

 樽本市議との面会でグレンデール市側は「東大阪市は無関係と分かるようにする」と応じていたが、修正までに約3週間かかった。

 HPの修正は、「公共情報」という項目の中の「RUMOR(噂)」というコーナーで、「すべての姉妹都市は、すべての記念物の維持費を支払うことになっている」という一文に「×」を付し、「それぞれの姉妹都市の組織は自分たちの記念物、記念碑だけに維持費を払うことを要求される」とする形でなされた。

 「慰安婦」像という文字はなく、一般の閲覧者には何の意味か分かりにくい。

 韓国側の主張に沿って作られた慰安婦像にすぎないが、修正の仕方や期間をみれば、グレンデール市が韓国側に配慮している様子が浮き彫りになっている。


 ■「修正連絡ない」 東大阪市議 .

 樽本市議は産経新聞の取材に、「グレンデール市で直接抗議してから訂正されるまである程度時間がかかるとは予想していた。今回、グレンデール市側からHPを修正したとの連絡はなかった。(HPの漠然とした修正の内容について)解釈の度合いはあるかもしれないが、修正されたなら、了としておかないとしようがない」と述べた。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/131208/amr13120808000000-n1.htm
-------------------------------------------------------------------

「生徒が政治問題に巻き込まれる」米慰安婦像問題、東大阪の高校生派遣中止 .
2013.12.11 10:53 [歴史問題・昭和史]

::::::amr13073110110001-p3.jpg
▲米グレンデール市内に設置された慰安婦記念像と記念撮影をする韓国人ら(黒沢潤撮影) .

 今年7月に「慰安婦」像が設置された米カリフォルニア州グレンデール市のホームページに、姉妹都市の一つである大阪府東大阪市が像の維持費を負担することに同意したかのような表現があり、同市が抗議していた問題で、同市立日新高校が来年3月に予定していたグレンデール市への生徒派遣を中止したことが11日、分かった。

 東大阪市教委によると、同校は平成8年から毎年生徒を派遣。来年も3月に2年生6人を派遣し、2〜3週間のホームステイを通じ英語学習や国際交流を行う予定だった。

 しかし、像の設置問題を受けて学校と市教委が協議した結果、「生徒が政治的な問題に巻き込まれる可能性がある。現地の状況もわからず、安全を確保しにくい」と判断し、派遣を見送ったという。

 グレンデール市は、東大阪市のほかに韓国・固城(コソン)郡や金浦(キンポ)市などと姉妹都市提携しているが、像の設置以降、ホームページに「像の維持費は姉妹都市などが負担する」という意味の文章を掲載。東大阪市が抗議したのを受けて、一部表現を修正していた。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/131211/waf13121-110570013n1.htm
-------------------------------------------------------------------

.反日続ける朴槿恵(パククネ)率いる韓国が自滅崩壊の道へ .
http://www.youtube.com/watch?v=mFT-BZUI4sk




.【グレンデール市慰安婦象】公聴会で証言した在米日本人に聞く[桜H25/7/29] .
http://www.youtube.com/watch?v=Wv3x0mCtxn4



公開日: 2013/07/29
韓国人が、国家を上げて取り組んでいる国際的な「ジャパンディスカウント運動」。目下-の所、その最大のターゲットはアメリカ社会であり、具体的には、全米各地に「慰安婦少-女像」を建立することである。その第1号として推進されたのがカリフォルニア州グレン-デール市であり、ここは韓国系住民が多く、市政に対するコリアンロビーの影響力が大き-いところでもある。残念ながら、この像の建立の是非を判断した市の公聴会では、日系住-民の反対意見は汲み取られなかったが、この一件を契機として在米日本社会の有志達が立-ちあがり、一方的な韓国の反日プロパガンダに反撃する気運が醸成された。今回は、市の-公聴会で堂々と反対意見を述べられた方々からのメッセージを御紹介しながら、日本国内-とも連携したカウンター・プロパガンダへのご協力を呼び掛けさせて頂きます。

.【魔都見聞録】慰安婦問題に異議申し立てをし始めた、日韓の女性達[桜H25/8/19] .
http://www.youtube.com/watch?v=9n-GLVo1cWM




こころの想いブログ 2013年11月09日
「過去」はどこまで裁かれるのか…
.
http://osakacocorosan.seesaa.net/archives/20131109-1.html
-------------------------------------------------------------------
【橋下徹氏vsサンフランシスコ市議会】 .
公開書簡(3)慰安婦像設置は「反日運動」…ホロコーストと同列に扱う動きも .
2013.8.22 23:21 (1/4ページ)[橋下氏慰安婦発言]

▽waf13082223060032-p1.jpg

《反日運動という政治的動機による慰安婦問題という人道的問題の利用と、それによる外交関係への悪影響の可能性》 .

:::::2224362.jpg

 また、あえて指摘させていただきますと、こうした誇張に基づく懸念すべき運動として挙げられるものは、最近アメリカ国内で広がりをみせている慰安婦像の設置の動きです。ニュージャージー州バーゲン郡の慰安婦像設置に続き、先日もカリフォルニア州のグレンデール市で慰安婦像が設置されたとの報道がありましたが、こうした運動は日本を的にした非難の意味合いがあるとの抗議にもかかわらず、進められました。 .

 慰安婦問題とどのような関係があるのか理解し難い米国の地方都市において、慰安婦像を設置する運動は、日本という国家・国民の名誉をおとしめ、強固な同盟関係にある日米関係にマイナスの影響を与える目的があるのではないかと疑わざるを得ません。 .

 報道を見る限りではこのような動きは主に韓国系アメリカ人によって進められているようですが、こうした反日運動は重要なパートナーである日本と韓国の関係をも阻害しています。今必要なのは、冷静で公平な歴史的検証であり、双方の協力による歴史的検証の努力は、未来に向けた真の日韓関係の構築のためにも必要だと考えます。

 誇張した非難に動機づけられた主張は正確な事実認識への姿勢を拒み、慰安婦問題の真の解決、和解に結びつきません。ニューヨーク州ナッソー郡のホロコースト記念館で計画されているという「慰安婦」の特別展のように、全く違った文脈で起こった慰安婦問題とナチス・ドイツのホロコーストを同列に扱おうとする動きに至っては反日運動の最たるものです。ホロコーストは一民族の抹殺であり、人類史上例を見ない犯罪です。 .

 慰安婦問題は女性の尊厳と人権を蹂躙(じゅうりん)する決して許されないものですが、戦時における兵士による女性の人権の蹂躙というある種の普遍性を持った人道的問題と、民族の抹殺という人類史上極めて特異な人道的問題を同一視する論理は、理解し難いと言わざるを得ません。

 《人権としての戦場の性の問題の認識への理解、日本以外の国における問題の指摘の必要性、共同調査の提案》 .

:::::::2013080700246_1.jpg

 確かに、アメリカ国内には、慰安婦問題の本質が人権問題、女性の搾取の問題であり、慰安婦像の設置や繰り返される慰安婦問題への言及は、決して日本を非難するためではなく、女性の性的搾取という過ちを繰り返さないためであるという主張があります。

 しかし、日本という国家・国民を標的にしたネガティブ・キャンペーンではなく、本当に女性の人権問題への取り組みが目的であるというのなら、そのための記念碑は、旧日本軍によって利用された慰安婦だけではなく、「世界各国の軍」によって、戦場において性の対象とされてきた全ての女性に対するそうした行為のすべてを二度と許さないと、世界に向けて宣言するものでなければなりません。

 女性の尊厳と人権を尊重する観点からは、軍の関与がなければよいというものではありません。また、占領地や戦闘地域における兵士による市民に対する強姦が許されざる蛮行であることは言うまでもありません。

 戦時という環境において、日本を含む世界各国の兵士が女性の尊厳を蹂躙する行為を行ってきた、という許容できない普遍的構造自体をこそ、私たちは問題にすべきなのです。日本を含む世界各国は、戦場における性の問題について、自らの問題として過去を直視すべきです。戦場において、日本だけでなく世界各国の軍によって、女性が性の対象とされてきたこともまた、厳然たる歴史的事実です。 .

 メアリー=ルイーズ=ロバーツ教授の研究が明らかにしたノルマンディー上陸作戦時における米兵の蛮行や、朝鮮戦争やベトナム戦争の時に米兵が利用した慰安所などの例をみれば、アメリカ軍も決して例外ではありません。また、韓国軍についても、朝鮮戦争時に軍慰安所が設置され、慰安婦が存在したことが、韓国陸軍の公式戦史において明らかにされています。
.

 さらに、ベトナム戦争においては、韓国軍がベトナム人女性に産ませた何千人ものこどもを残してきたことが知られています。軍の関与があったかどうかにかかわらず、どのような形態であれ、性の対象として女性を利用する行為そのものが女性の尊厳を蹂躙する行為なのです。

 旧日本兵の慰安婦問題を相対化しようというような意図は毛頭ありませんが、戦場の性の問題を旧日本兵のみに特有の問題であったかのように扱い、日本だけを非難することによってこの問題を矮小(わいしょう)化する限り、世界が直視しなければならない過去の過ちは正されず、今日においても根絶されていない兵士による女性の尊厳の蹂躙問題は解決されないでしょう。 .

 そうした事態を防ぐためにも、すぐにでもあらゆる戦場における性の問題の調査を、必要であれば共同調査を始めようではありませんか。日本側としては、慰安婦問題について歴史的真相究明を続けることは、歴史の真実を回避せず教訓として直視するという河野談話の精神に沿うことであり、歓迎します。そうした慰安婦問題のさらなる検討は、世界中の戦場においていまなお続く女性への性暴力の問題解決の第一歩になるでしょう。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130822/waf130822-23240034n1.htm
-------------------------------------------------------------------
【橋下徹氏vsサンフランシスコ市議会】 .
公開書簡(4・完)「自衛隊には性的搾取や虐待問題はない」 .
2013.8.22 23:26 (1/3ページ)[自衛隊]

 《戦後日本の恒久平和と人権尊重に向けて重ねてきた努力と実績》 .

 戦後日本は、平和国家として歩む決意をし、歴史の事実を謙虚に受け止め、痛切な反省とおわび、過去の過ちに対する責任を果たしてきました。

 慰安婦問題につきましては、日本と韓国の間では、日韓基本条約と「日韓請求権並びに経済協力協定」において、法的請求権問題が完全かつ最終的に解決された後も、道義的責任を果たすため、「女性のためのアジア平和国民基金」を設立し、元慰安婦の方々へ償い金をお渡しするとともに、総理大臣の直筆署名入りのおわびの手紙と日本国民からのメッセージを添えて、あらためておわび申し上げました。また、女性の尊厳を傷付けた過去の反省にたち、女性に対する暴力など今日的な問題に対処する事業を援助するなど、誠実に対応してきたのです。

▽3e2d46e4c42aa11687ac5733277ef87b.jpg

 さらには、国連の平和維持活動を通じて国際平和と安全のために貢献してきましたが、わが国の自衛隊は、派遣先で一度も人を殺したことはなく、また他国の国連要員によって引き起こされた性的搾取や虐待といった問題もありません。

 米国における慰安婦問題に関連する運動は、残念ながら、慰安婦問題への取り組みを含む日本の戦後の努力や成果を踏まえておらず、平和を志向し人権を尊重する今日の日本に対するフェアな評価から程遠いネガティブ・キャンペーンではないでしょうか。

 《事実誤認に基づく決議の撤回と、慰安婦問題という人道的問題を日本に対するネガティブ・キャンペーンという政治的目的に利用する運動に同調しないこと、建設的対話の呼びかけ》 .

 以上に述べたところにより、私は、サンフランシスコ市議会の決議における事実誤認に基づく私への非難を撤回すること、慰安婦問題という人道的問題を日本に対するネガティブ・キャンペーンという政治的目的に利用する運動に同調しないこと、ならびに、プロパガンダではなく歴史に関する正確な知識に基づく建設的対話を開始することをこの公開書簡にて求めます。

 《大阪市の取り組み、そして共同歴史調査のよびかけ〜女性に対するあらゆる暴力の根絶をめざして〜》 .

 大阪市では、女性に対する暴力は重大な人権侵害であるという認識のもと、「女性に対するあらゆる暴力の根絶」を掲げて、女性への暴力の防止や被害者の支援体制の整備・充実に取り組んでいます。私は現大阪市長として、こうした取り組みの一層の強化を図っていく所存です。大阪市とサンフランシスコ市は、この共通課題の解決に向けて、協働して取り組むことができます。

 われわれは、戦時および平時における女性への暴力の問題を看過や矮小(わいしょう)化することなく、慰安婦問題を含む過去の全ての出来事を歴史的検証によって白日の下にさらすという共通理解の下、人権尊重のために相互協力すべきです。そして、女性に対するあらゆる暴力の根絶の努力は、女性の権利の向上や平和の実現にもつながることでしょう。今回のサンフランシスコ市議会と私との対話がこうした問題解決の糸口になっていくことを期待しております。

 《これからのサンフランシスコ市との発展的関係》 .

 とりわけ、サンフランシスコ・大阪姉妹都市協会の活動に象徴されるような両市間の草の根レベルの人と人との絆は、本市にとって貴重な財産です。長年にわたって相築き上げてきた友好関係を礎とし、これからも真摯(しんし)な意見交換とさまざまな交流事業を通じて、お互いの発展に資する交流の継続・発展ができますことを心から願っております。

大阪市長 橋下徹
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130822/waf130822-23310035n1.htm




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【関連する記事】
posted by 大阪のこころさん at 18:00| 大阪 ☔| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アメリカの中国人は、苦力の子孫たち、まるで奴隷のような状態で苦労されました。いまや立派なアメリカ人です。中国人は、本国の指示でうごいているだけでしょう。この問題を解決させる方法は、韓国の国際的な地位を奪い、いったん経済的に窮地に立たせるしかありません。真面目に史実を明らかにしようとしないのは、コミンテルンの亡霊が動かすインチキ団体の政治運動だからです。
Posted by 韓国に捏造を自白させる at 2017年12月02日 18:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。